高田機工株式会社

技術開発

技術研究所

多様化するニーズに対応する、業界屈指の研究開発施設

 総床面積約900m2、一部2階の広々としたスペースに、材料試験から溶接試験・構造試験・油圧機器・制御計測といった試験・研究機器を設置した、業界屈指の研究開発施設です。
 お客様との共同研究・開発はもちろん、大学をはじめ各種研究機関など、外部にも優れた研究パートナーを求め、「大型化」、「コストダウン」「環境問題への対応」から施工の「省力化」等、多様化するニーズにスピーディーにお応えできる体制を整えています。

デッキプレートの高効率溶接方法の検討

製作前に高難度な上向溶接の
健全性を確認するための溶接施工試験

現在までの研究開発

<基礎研究>

  • 鋼橋の脆性破壊、疲労破壊に関する研究(大阪大学との共同研究)
  • 橋梁交通振動の制御に関する研究(大阪大学との共同研究)
  • 鋼製橋脚隅角部の破壊防止に関する研究(大阪大学との共同研究)
  • 局部座屈が問題となる橋梁部材の終局強度と設計法に関する研究(大阪市立大学との共同研究)
  • 鋼製橋脚の耐震システムに関する研究
  • 橋梁群の維持管理システムの研究
  • トラフリブ鋼床版構造の疲労強度改善に関する研究
  • 多層溶接継手の溶接変形に関する研究(大阪府立大学との共同研究:実施中)
  • せん断破断メカニズムに関する研究(大阪大学との共同研究:実施中)
  • デッキプレートの高効率溶接方法の検討(実施中)
  • 異種金属の腐食に関する研究(実施中)

<技術開発>

  • 高流動コンクリートの実用化(岡山大学との共同開発)
  • SRCによる複合橋梁施工の合理化
  • 桁端防振構造およびコンクリート製伸縮装置の開発
  • 低ジンクプライマー塗装鋼板の溶接・溶断施工方法の研究
  • ガウジング不要の完全溶け込み溶接工法の研究
  • 音響異方性のある鋼材の超音波探傷方法の研究
  • NCすみ肉溶接ロボットのシールドガス変換
  • 大脚長すみ肉溶接工法の開発
  • 耐候性鋼材の大脚長すみ肉溶接工法の開発
  • トラフリブ溶接部の溶込み確保工法の開発

<製品開発・改良>

  • 低降伏点鋼を用いた落橋防止壁の開発
  • 生研トラスの鋼管構造への改良
  • 支圧板方式による鋼ポータルラーメン構造の開発
  • 低降伏点鋼を用いた座屈拘束ブレースの開発(実施中)
  • 地震時における支承可動化工法の開発(実施中)

<システム開発>

  • 受注工事統合情報システムの開発

お問い合わせ

ページTOP