生研トラスとは

美しく、力強い空間を形成する「生研トラス」構法


 
体育館、集会所、倉庫、工場など、広い空間を必要とする建物には大スパンの構造が要求されます。
生研トラスは、このような大スパン構造に最適な構法として開発されました。
特徴1:荷重を分散する三角構造
生研トラスは力学的に追求された三角形の美しい網目状の構面 が特徴です。 このユニークな構面全体で、1点に加わった荷重を分散負担し、鉛直荷重を支えると同時に、水平力にも良く耐えます。
特徴2:作業とコストの効率化を実現するユニットトラス
網目状の構面は、CT形鋼、山形鋼等からなるユニットトラスを結合板でつなぎ合わせて作ります。 部材がユニット化されているので、効率的な製作・輸送が実現します。 また、応力の大小に応じて、合理的に部材を配置できるので、使用鋼材の節減を図ることができます。
特徴3:幾何学的構成美
生研トラスが作り出す美しい幾何学模様は、一般鉄骨のような重圧感がなく、 見る人に軽快で優美な印象を与えます。また、平面はもちろん、種々のデザインの曲面 も表現できるので、 お客様のイメージを忠実に表現することができます。さらに、生研トラスには残響音を少なくする音響的効果 もあります。
 
<主な形状>
 基本タイプ
  寄棟   アーチ
   
       
 変形タイプ
  ドーム形   ウェーブ形
   
       
● 機能性、経済性、デザイン性に優れた「生研トラス」構法については、ぜひプランニングの段階でご相談下さい。
お問い合わせ先
  〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町3番2号(Daiwa小伝馬町ビル)
高田機工株式会社 東京本社 鉄構営業部
   
電話 (03)3662−3582
FAX (03)3662−3584
>>生研トラスの製品実績へ
   


Copyright (c) 2010. All rights reserved by TAKADAKIKO Co.,Ltd.